風俗〔デリヘルとソープ〕の成り立ちと遊び方

風俗便覧

風俗

風俗という言葉には、二つの意味がある。正確に言えば、初めはひとつの意味だけを持っていた言葉であったが、ある時期から別の意味を示すものにもなったのである。
この言葉の本来の意味は、「或る特定の社会や文化圏が持っている、独自の色合いや具体的な風習」というようなものである。
対象となった文化圏の生活の様式や、共同体の在り方などを示す言葉だったのである。

その意味の変化が決定的となったのは、1948年のことであったと言われている。
その時期から、この言葉はいわゆる「夜の職業」――成人向けの遊興や性的サービスの提供を示す意味で使われるようになった。

風営法

きっかけは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律」が制定されたことにある。
これは、健全な社会風俗を実現するために、都市景観の見地からそれにそぐわないと考えられる施設や、その施設で行われる営業を規制する法律であった。
性的なサービスを提供する店や、ホスト、ホステスクラブ。ダンスホールやパチンコ店などが含まれる。具体的には、営業場所と営業時間の規制を設けた法律なのである。

その中でも、特にしっかりと規制が設けられているのが、性的なサービスを提供する種類の店である。
男性が「風俗へ行く」と言うとき、それは性的なサービスを享受するために店へ赴くということを示すようになったのである。

性風俗店

性的なサービスを提供する店には、さらに細かく種類分けがなされる。それぞれの店で、遊び方が異なるのである。
たとえば、店舗型と派遣型という二つの種類がある。
前者の代表格がソープであり、後者の代表格はデリヘルである。それぞれ、ソープランド、デリバリーヘルスという正式名称を持っている。

ソープランドでは、バスルームとベッドルームにて、サービスの提供が行われる。受付の奥にある、バスとベッドの設備を整えた個室において、それが行われるのである。
一方、デリヘルは性的なサービスを提供する女性を、男性客が場所を指定して「注文」し、送り届けてもらってサービス提供を受けるというものである。





静岡のデリヘルで遊ぶならこちらがオススメ|ファイナルステージ
高崎でオススメのデリヘルといえば|Erushant

ニュース

2014/03/22
デリヘルを更新しました
2014/03/22
ソープを更新しました